E SPACE     エスパス   国産









                                         写真をクリックすると エスパスコレクションが ご覧になれます




  デザイナー  山岸 誉氏


           これまで数多くのショップオリジナルを手掛け 2001年 スペック・エスパスをデビューさせる
           フランス語で 「空間 宇宙」を意味するブランド名が示すとおり 立体感溢れる近未来的フォルムのアイウェアを目指す


           若手デザイナー山岸氏が手掛ける「エスパス」は 小さな眼鏡工場が立ち並ぶ福井県鯖江市”河和田地区”から発信されている
           山岸氏いわく「自分が表現したいのは 大工場では作れない 日本の職人による手造りのフレームです」
           これは ただ単に 今 流行ってる”熟練した職人のクラシカルな手造り眼鏡”ではない
           山岸氏が目指しているのは 近未来のデザイン=若手のデザイナー山岸氏と熟練した職人の融合なのです
           むかしのフレームを職人によって再現するのではなく 近未来のデザインを 熟練した技術駆使して 職人にもチャレンジしてもらう
           頑固な職人たちが 新しいモノに挑戦する   これは 地元出身者である山岸氏にも流れている職人魂が 職人の心を動かしている


           福井県鯖江市    一般的には あまり知られていないが 業界では古くから眼鏡の生産地として 世界的にも有名である
           実際 海外の有名ブランドの中でも その技術の高さから 鯖江の工場を指名して生産してるところもあるほどだ
           しかし その恵まれた環境を持つにもかかわらず なかなか海外のような個性的な”デザイナー”が生まれず 生産拠点としての評価
           ばかりが有名になっている ブレイズやヒエロハウスなど 数人のデザイナーは輩出しているものの あまりにも少なすぎるのが現状
           若手の中では この”山岸 誉氏”は 鯖江市生まれの新世代眼鏡デザイナーとして 大いに期待したい逸材である




  本セル    エスパス・セルロイドは 河和田の眼鏡職人”西野正美”氏が創作する手造り眼鏡 3年〜10年近く乾燥させたセルロイドは 非常に硬いため 
           西野氏が ヤスリを使い時間をかけて 一本一本削ります セルロイドは 硬い性質から歪が少なく使えば使うほど 顔になじんできます
           また アセテート素材みたいにやわらかくないので テンプルの部分を”ノー芯”と呼ばれる 金属の芯を入れなくても 剛性を保ちます
           その”ノー芯”は クリアー系のフレームだと テンプルに何もなく なんともクラシカルな装いを醸し出せます
           ただ 個人的には クリア意外の茶系フレームで ノー芯って言うのが 通好みかも


  メタル     エスパスと言うと セルタイプ オンリーと思われがちですが メタル系もカッコイイ
           セルタイプと同様 そのデザインは立体かつ空間的 リムとレンズの部分を角度の異なる二重構造によって仕上げられたデザインは
           メタルとは思えないほど立体的で近未来的である テンプル先には通常のプラスチック素材を使わず ”ラバロン”という 
           特殊ゴム素材は 調整しやすく 滑りにくく 肌触りがいい






  スタッフ評   なかなかの人気?です

           少し大ぶりのデザインですが 形がシャープで見ための重たさが無いように思うトコが カッコイイ
           大きいわりに 鼻幅が狭く設定されてるので 掛けゴコチも 上々
           フロントにカーブを付けて ややサングラスっぽいデザインなので メガネぽくないのが 気に入ってます

           デザインもカラーも いたってシンプル
           特に ”本セル”は 味わい深いモノがあります

           「本セルって 何?」って思ってる方も多いと思いますが

           普通 プラスチックタイプのフレームは ほとんどが”アセテート”というモノで できてるんです
           アセテートは 加工もしやすく カラーも豊富なので 最近の主流なんですが
           本セルは むかしからある素材で 加工が手間で 職人技の見せ所って感じです
           カラーもカラフルな色は無くて シンプルな色ばっかり    
           それと 眼鏡にするまで 数年 素材を乾燥させないとダメなんです
           普通のメーカーは そんな 手間のかかる素材で 眼鏡を作らなくなったんですね
           まあ 純国産でしかできない 趣ある一品だと 思います

           私たちが エスパスを知ったのは まだ カラフルで細くて小さめのプラスチックフレームが全盛の頃
           山岸誉氏のお父さんが来られたのが最初でした
           「なんて 大きなセル眼鏡を掛けてるんやろ?このおっさん?!」っと  正直 思いました  その大きなフレームが エスパスでした

           あの時代に このデザインを作るとは 先取りも先取り  冒険過ぎる    今考えると スゴイ

           海外モデルは 別として エスパスが発表されてから 次々と 国産セルロイド(クラシカルなモデルじゃなく 新しいデザインのセル)が
           発表されたので 山岸氏の先見性には 感心しています