J F REY    ジェイ エフ レイ    フランス   BOZ ボズ








                                                    写真をクリックすると J F REYコレクションが ご覧になれます





 ジェイ エフ レイ

                 デザイナーの ジョン フランシス レイ氏は ジェラという フランスの東部にある 山の多い地域に
                 1950年に生まれた  ここは メガネファクトリーが多くある地域である
                 彼は 古代文明や考古学に興味を持ち また アジアの文化や風土も好きで 大の親日家である

                 デザインの発想は 自然や古代文明 そして 特に地中海をイメージされたモノであり
                 斬新な中にも 何か 懐かしさを感じる
                 カラーリングは 奥さんのジョエルさんが担当している
                 夫婦合作のブランドも 珍しい
                 彼らの作品は フロントからテンプルにかけてのシェイプが特徴的である
                 ステンレステンプルに プラスチックのフルモダンを差込み 削りだす事で存在感を表現したモノや
                 2004年 シルモドール賞を受賞したステンレスで リボンをかたどったフレームなど
                 オリジナリティー溢れるデザインが 掛ける楽しさを思い出させてくれる
                 フランスでも 老舗のブランドとして 今もなお 新化し続けている



  スタッフ評       

                 仮面舞踏会?みたいな 鉄仮面サングラスあり モミアゲ付のセルフレームあり
                 花びらを付けたり ビーズをちりばめたり グルグルテンプルがあったり
                 ほんと デザインの発想力には 驚かされています

                 ただ 変ったデザインのモノばかりではなくて シンプルなデザインでも
                 「あ〜こんなデザインも あるんや。。。」と思うのも 多々あります

                 私が 一番感心するのは やっぱり カラーリングです
                 国産にはない 微妙な色使いや レトロ感ある配色は なぜか 懐かしく思えて
                 見ためよりも 掛けてみると 意外と 落ち着くんです