ALAIN MIKLI         アランミクリ        














 デザイナー  アラン・ミクリ 1955年 リヨン郊外 サント コロンブス生まれ


 1976年 パリ フレネル眼鏡学院卒業 眼鏡店に勤めるが既存のフレームに失望
 自らデザインすることを 決意して1年で退社

 1978年 ミクリ・ディフュージョン社設立 1980年以降
 カール・ラガーフェルド J・Pゴルチェ等のファッションショー用のサングラスをデザイン  

 1984年 クロード・モンタナのサングラスをデザイン
 そのグラフィズムなラインが話題となる

 1987年 3月 パリに「アラン・ミクリ」ブティックをオープン 
 新しいコンセプトで創られた眼鏡が 世界中で喝采を浴びる

 1988年 4月 ニューヨークにブティックをオープン

 1989年 11月 東京 元麻布に直営店をオープン

 1991年 ダナ・キャラン アイウェアーをデザイン

 1995年 12月 元麻布の直営店を南青山に移転
 内装は アサヒビール本社「炎のオブジェ」
 デザインをしたフィリップ・スタルク氏が手掛ける

 1996年 スタルク氏とミクリとの共同開発により スタルク・アイズを製作

 1997年 M・F・ジルボーのサングラスをデザイン 
 また ジル・サンダーとコラボレーションを発表
 ディズニー映画「101 Dalmatians」のためにアイウェアーをデザイン

 1999年 3月 パリ・サンジェルマン地区にショップ オープン 内装は スタルク氏

 2000年 3月 名古屋 6月 丸の内にショップ オープン

 2001年 ドイツ デュセルドルフに ブティックオープン
 「イッセイ・ミヤケ」発表 開発担当
 「イッセイ・ミヤケ」 グッドデザイン賞 受賞








  スタッフ評  

  私も 11本所有しています
  新しいアイグラスを掛けると 
  今まで掛けた昔のモノは あまり掛けないコトが多いのですが
  ミクリの場合は なぜか また  掛けたくなる

  いつも 不思議に思うんですが これが ミクリの魅力なのかもしれません
  何か 新しいモデルでも 懐かしい気がするし
  古いモデルでも 何か 新鮮な気持ちになる